“クールジャパン戦略”の見直し

  • 2019.09.06 Friday
  • 12:54

日本政府は、2015年に「クールジャパン関係府省連絡・連携会議」(内閣府副大臣がトップ)を立ち上げ、

日本の観光業の推進と共に、日本の魅力を海外に発信することを強化してきました。

そして今月3日、そのクールジャパン戦略の見直しを図り、見直し案の内容が明らかになりました。

 

今回の見直しでは、

省庁間の横軸の連携を強化するため、従来の「クールジャパン関係府省連絡・連携会議」を廃止し、

外務省や経産省等の副大臣で構成される「クールジャパン戦略会議(仮称)」を新設しました。

 

見直し案の中でも注目すべきなのは、

クールジャパンに関わる外国人を対象に、在留資格の条件緩和も検討されていることです。

世界に日本の魅力を発信したり、日本を拠点に活動する等する”日本ファン”を増やし、

日本の宣伝に一役買ってもらおうというのが目的です。

 

どのような条件緩和になるのか、まだ具体的なことは決まっていませんが、

来年度に設置される予定の「外国人共生センター」等の関係機関と連携の上、

才能ある外国人の受入れ環境の整備や、地方・中小事業者の参画促進のための外国人の紹介や異業種交流なども盛り込まれています。

 

果たしてどのような条件緩和になるのか…追って情報を待ちたいと思います。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM