駐在員事務所への転勤は「企業内転勤ビザ」?

  • 2016.08.26 Friday
  • 14:31

日本と海外の本支店間の異動で日本に転勤することが決まった場合に取得できるのが「企業内転勤ビザ」です。

具体的には、日本に本社のある企業のアメリカ支店に勤務する従業員が、日本本社に転勤になった場合や、中国企業の従業員が日本支店への転勤をする場合などが当てはまります。

 

そして、「企業内転勤ビザ」を申請する場合、原則として、日本に事業所があることを証明するために「登記事項証明書」などの公的な証明書類の提出を求められます。

 

では、日本の“駐在員事務所”へ転勤する場合でも、「企業内転勤ビザ」を取得することができるのでしょうか?

※“駐在員事務所”の場合、登記の必要がないので、「登記事項証明書」等の取得はできません。

 

答えは“イエス”です。

実際に弊社にご依頼いただいた案件も許可が下りています。

 

上記にも記載した通り、駐在員事務所の場合は、そもそも登記手続きの必要がないため、本店や支店のように登記事項証明書で日本に事業所があることを公的に証明することができません。

そのため、駐在員事務所に転職する場合は、登記事項証明書に代わりに、日本に事業所があることを証明できる代替書類を提出しなければなりません。

 

しかし、逆に言うと、日本に事業所があることさえきちんと証明できれば、

本店や支店への転勤と同様に「企業内転勤ビザ」を取得することができるといえます。

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM