各種届出、きちんと出していますか?

  • 2016.09.15 Thursday
  • 14:33

2012年7月から在留カードが交付されるようになり、

就労ビザの在留カードを持っている外国人の方は、会社などの所属機関に変更があった場合、

その旨を14日以内に入国管理局へ届け出なければなりません。

社名所在地の変更倒産などによる消滅に加え、退職する場合や転職する場合等は届出が必要となります。

 

しかし、法改正から4年が経過した今でもなお、

上記のような届出を14日以内に済ませていなかったり、届出義務があることさえ知らない方もいます。

 

入管法では、この届出義務を怠った場合は20万円以下の罰金に、

虚偽の届出をした場合には1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられることがあると定められています。

さらに、虚偽の届出をして懲役に処せられた場合は退去強制事由にも該当してしまいます。

もちろん、将来のビザの更新申請や変更申請、永住申請に影響してしまう可能性も考えられます。

 

決して無視できない届出であることがお分かりいただけたでしょうか?

上記届出は郵送で行うほか、「入国管理局電子届出システム」を利用してオンライン上で済ますこともできます。

しっかり期限内に届出を行うよう、十分に注意してくださいね。

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする