“就労ビザ”でできること

  • 2017.07.31 Monday
  • 10:42

”就労ビザ”と一言でいっても、その仕事内容によって、

「教授」「芸術」「宗教」「報道」「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「興行」「技能」等のように分かれており、それぞれ取得するための要件が異なってきます。

 

この中で、2016年末現在日本に在留している外国人のうち、最も多いのが「技術・人文知識・国際業務」で、

その数は16万人を超えます。

 

さて、この「技術・人文知識・国際業務」の在留資格ですが、

在留資格を取得したり、更新したりした際は、当然該当する業務に従事していたはずです。

しかし、その後転職したり、辞職したりして、当該業務に該当していないケースもあります。

 

この「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に限らず、

3ヵ月以上該当する在留資格の活動を行っていない場合、その在留資格は取り消されることがあります。

※「日本人の配偶者等」等の場合はその限りではありません。

 

何らかの理由で仕事を辞めてしまい、その後新しい仕事もなかなか見つからず、

生活していくためにやむを得ずバイトをしてしまうこともあると思いますが、

このアルバイト、してもいいのでしょうか??

 

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の範囲内であれば、(厳密にいえば、この中でも自分が申請した区分に該当するものに限る。例えば「通訳・翻訳」業務を行うとして申請している場合は、「通訳・翻訳」に該当する範囲のアルバイト)

まだセーフです。

(とはいっても、雇用条件や給与、勤務形態にもよるので、一律OKセーフでもありませんが・・・)

しかし、飲食店でのホールスタッフやコンビニでのレジ等であれば、

基本的にアウトです。

なぜなら、これらは、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に該当しないからです。

 

仕事を辞めたり転職する場合は、よく考えて、行いましょう。

 

なお、黙ってればOKじゃない?という考えは言語道断です。

 

まず、仕事を辞める際、新しく就職する際は、「契約機関に関する届出」を行う義務があり、

この義務を怠ることも、在留資格の更新や変更には不利に働くのです。

 

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM