業務の詳細について説明すること!

  • 2017.11.10 Friday
  • 13:47

 

就労ビザの申請において、所属機関の規模や情況により、カテゴリーが1〜4に分かれています

カテゴリー1や2は上場企業や比較的大きな企業であるため、提出を要求される資料も少なくて済みます。

しかし、カテゴリー3や設立したばかりの会社(カテゴリー4に該当)の場合、事業内容や申請人の業務内容について、かなり詳しく説明する必要が出てきます。

 

それらを説明せずに申請した場合、バッサリといきなり不交付通知(または不許可通知)が届くか、かなりの確率で、業務内容について詳細に説明した“会社発行の”書類や1日及び1週間のスケジュールの提出を要求されることになります。

 

これらの書類で何を確認されるかというと、

・活動内容が在留資格に一致しているかどうか

・十分な業務量があるかどうか

主に、この2点です。

 

つまり、上記書類を作成する際は、これらの観点に気を付ける必要があるのです。

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM