これがダメなら、次はこれ…で通用する?

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 16:02

 

これがダメなら、次はこれで…

何のことかというと、もちろんビザのことですが、

例えば、「留学ビザ」を申請して不許可になったので、今度は「家族滞在ビザ」を申請してみよう、

とか、

「技術・人文知識・国際業務ビザ」を申請して不許可になったので、今度は「経営・管理ビザ」を申請してみよう、

などのように、

一つのビザが不許可となったから、今度は違うビザで申請してみよう、という方はいらっしゃいます。

果たして、申請するビザの種類を変えたら、許可となるのか?!について、

今回はお話します。

 

結論から言うと、これは、当然のことですが、

“不許可となったビザ”の“不許可理由”に大きく左右されます

 

例えば、「留学ビザ」が不許可となった理由が日本語能力の不足で、

今度は「家族滞在ビザ」を申請する場合、

「家族滞在ビザ」には日本語能力は関係ないので、

他に問題がなければ、許可される可能性は大きいといえます。

 

ところが、

例えば、「技術・人文知識・国際業務ビザ」が不許可となった理由が、学歴を満たしていないという場合で、

今度は「経営・管理ビザ」を申請する場合、

「経営・管理」ビザには、特に学歴の要件はありませんが、

昨今の審査過程で学歴は大きく影響しているため、

他に問題がなくても、「経営・管理ビザ」を申請する動機や本人の経歴等によっては、マイナスに働き、

不許可となってしまうケースもあります。

 

さて、“不許可理由”に大きく左右されるとは言いましたが、

どのような申請においても、非常に重要なのが、

過去に何らかのビザを申請したことがあり、それが不許可となった履歴がある場合、

例えそのビザの種類が今回申請しようとするビザとは何ら関係ないものに思えたとしても、

いつ、何のビザを申請して、どうして不許可になったのかを明確にする必要がある、

ということです。

 

当社で扱う案件やご相談を受ける件を見ても、

何らかの不許可歴がある方が、それを説明せずに、しれっと他のビザを申請したり、

または再度同じビザを申請したりする場合、

多くのケースで“不許可”となっているようです。

 

おそらく、

過去の事情についても説明できない“不誠実な人物”とみなされたり、

不許可となった理由が今回の申請に何らかの形で関係している可能性があるからだと考えられます。

 

なので、もし不名誉にも“不許可(不交付)”という結果を受け取った場合

きちんと入国管理局において理由を確認し、

次回の申請に備える必要があるわけです。

 

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM