「芸術」と「興行」

  • 2018.03.09 Friday
  • 10:00

 

 

前回予告したとおり、今回は「芸術」と「興行」の在留資格(以下、「芸術ビザ」と「興行ビザ」)についてお話します。

 

芸術ビザ」は、前回も触れたとおり、

収入を伴う音楽,美術,文学その他の芸術上の活動(在留資格「興行」に係るものを除く。)

とされています。

 

一方、「興行ビザ」は、ざっと以下のような活動をする場合が該当してきます。

(もっと細かく分かれていますが、簡単にいうと以下のような活動です)

(1)演劇、演芸、歌謡、舞踊又は演奏の興行に係る活動を行おうとする場合

(2)上記以外の興行(スポーツなど)に係る活動を行おうとする場合

(3)次のいずれかの芸能活動を行おうとする場合

商品又は事業の宣伝に係る活動

・放送番組(有線放送番組を含む。)又は映画の製作に係る活動

・商業用写真の撮影に係る活動

・商業用のレコード、ビデオテープその他の記録媒体に録音又は録画を行う活動

 

ここで疑問です。

そもそも(1)や(2)にある“興行に係る活動”って何?

一般的には、

「ひとつの会場に大衆を観客として集め、観客から入場料等の料金を取って、演劇や恩局、映像等の娯楽を提供する行為、あるいはその内容自体」

とされています。

 

具体的には、コンサート公演、オペラ公演、プロ野球選手やプロボクサー等の活動も“興行”に該当します。

 

また、(3)にある“芸能活動”ですが、

これは、コンサートやテレビ出演、映画の撮影(ロケ)や舞台挨拶、CDの録音やジャケット写真の撮影、写真集の撮影…等々芸能活動でおよそ考えうるほとんどの活動が該当してきます。

 

 

さて、問題です。

これらの活動を行う人が、ワークショップや講演会等で、誰かに教えることを目的として来日する場合は、「興行ビザ」か「芸術ビザか」のどちらでしょうか?

 

先に述べたように、「興行ビザ」は“興行に係る活動”を行うものです。つまり、“ショービジネス”です。

よって、ワークショップや講義・講演等の活動は、「興行ビザ」ではなく「芸術ビザ」に該当すると解されるのが一般的です。

 

ところが、この二つのビザの場合、

例えば、ベリーダンサーがショーに出演する。けれど別の日には、ベリーダンス教室で講師を務める、といった具合に、

同じ人物が、活動する内容によって、「芸術」であったり「興行」であったり、場合によっては両方の活動を1回の来日中に行うことも十分にあり得ます。

 

しかし困ったことに、在留資格は2種類を同時に持つことはできません。

では、どうすれば??

 

こんな時に登場するのが「資格外活動許可」です。

これは、例えば「留学ビザ」や「家族滞在ビザ」の学生がアルバイトをするときなどに使われることが多いのですが、

持っている在留資格の活動“以外”の活動を行う場合に、申請することができます。

 

上記のようなベリーダンサーのケースの場合、

来日中のどちらの活動がメインなのかにもよりますが、

「芸術ビザ」の資格で来日し、「興行」の資格外活動許可を取得するか、

「興行ビザ」の資格で来日し、「芸術」の資格外活動許可を取得するか、

のいずれかの方法を取ることで、

1回の来日中に両方の活動を行うことが可能になります。

 

ただし、「資格外活動許可」は日本に入国後でなければ申請できません。

よって、スケージュール的に、

先にワークショップが開催されて、ショーは最終日!という場合は、

「芸術ビザ」で来日して、来日後すぐに「興行」の資格外活動許可を取得するのが妥当でしょう。

 

 

 

就労ビザに関するご相談は、“就労ビザ.com”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”就労ビザ.com”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM